院長の一言

朝晩寒い日が続いていますが、皆さんは湯たんぽやカイロをお使いですか?冬場になると布団に湯たんぽをいれたり、カイロを使用したりする機会が増えますが、低温熱傷にはくれぐれも気をつけて下さい。低温熱傷は通常のやけどとは違い、程よい熱源に長時間接するため皮膚の深いところ(脂肪組織)に損傷が起きます。44度くらいの温度では6時間ほどでやけどになります。最初は大したことないように見えても時間がたつにつれ皮膚が死んでいく(壊死になる)場合もあり、治るのに1~2か月かかる事もあります。そのため、低温熱傷になった場合は自己処理などはしないで早めに皮膚科を受診して下さい。